クラック・シーリングの補修と効果について

クラック補修は、塗装前のひび割れをキレイに無くすこと。

塗装作業に入る前に、必ず行っているのが下地処理・補修です。どんな補修をするか気になるお客様がたくさんいらっしゃると思い、今日は補修と材料効果について「タカハシ美装 髙橋直人」が説明したいと思います。

クラックとは?

 「ふと気づくと、壁や天井などにヒビが入っていた。」という経験はないでしょうか?そのヒビをクラックと言います。なぜクラックができてしまうかというと、経年劣化もありますが、地震などの揺れでクラックができてしまうのです。そのクラックを放置し続けると、どんどんヒビが大きくなってしまい、補修が難しくなっていきます。(壁の一部が崩れてしまうというケースもあります。)そうならないために、クラック補修していきます。

クラック補修について

クラックは塗料だけでは埋まらないものもあり、当然、補修せずに塗装してしまうとクラックが残ったままになってしまいます。そこで、塗装作業に入る前に、シーリングで補修していきます。補修材にはいろんな種類があると思いますが、外壁にできたクラックはすぐ広がりやすいので、シーリングで補修するのが良いと思います。

シーリング効果について

お家の様々なところにシーリングが打ってあると思います。なぜ建物にシーリングが必要かというと、建物を立てるときにできた隙間を埋めるのはもちろん、先程クラックができる理由として挙げた地震対策のためでもあるのです。シーリングはゴム状になっていて、建物が揺れた際にショックを吸収する役目もあり、屋根、壁、天井のひび割れをおきにくくしてくれます。そのシーリングが劣化により固くなってしまったり、ボロボロになってしまうと、シーリングこの効果がなくなってしまうので、塗替えと一緒にシーリングも打ち替えた方がベストです。

まとめ

私たちタカハシ美装は、普段お客様が立ち入らない場所や目の死角場所、お客様が自らお手入れできないような場所といった細かい所までしっかりと補修していきます。塗装完成後にはクラックがどこにあったのかわからないくらいキレイに仕上がりますのでお客様も安心・満足いただけると思います。

塗替えをお考えの方は、以下よりお気軽にお尋ねください。(代表親方 高橋 直人)

今すぐお電話してみる!